社内からの情報流出インシデントにおいて発覚後に操作ログから事実を確認したという事例があります。
その時に行われた操作行為を分析することで注視すべき操作がわかります。
それは通常業務で行う操作と明らかに異なる操作です。

社内でPCを利用している環境においても以下のような行為が情報流出のインシデントに利用されています。

・外部デバイスへ大量にファイルコピーする
・プリントアウトを大量に行う
・業務システムからのデータダウンロード
・多量な添付ファイルによるメール送信
・フリーメールによるファイル添付
・フリーオンラインストレージへのファイルアップロード
・多量ファイルのリネームおよびCSVやPDFへの変換
・頻度の多い画面キャプチャー
・フリーチャットソフトによるファイル送信
・Bluetoothによるスマホなどのデバイス接続
・日常アクセスしていないサーバやシステムへのアクセス

このようなPC操作ログを監視することでインシデントの被害を最小にすることが可能となります。

例えば、行為が行われた直後に操作した本人にポップアップで警告が表示されること。
さらに上長、セキュリティ管理者に警告を出した旨の通知が届くこと。

操作ログをアクティブに活用する体制とルールを構築することでインシデントを未然に防ぐことが可能になります。

操作ログから警告を出すことが可能なログ管理ソフトウエアを導入するだけでなく、警告を出す操作をルールで決めること。警告が出た後の人的な管理体制とその罰則などの対応を決めることが必要になります。

 

◆関連コンテンツ◆
PC操作ログはなぜ必要か。 誰が、いつ、どのファイルに、どんな作業を行ったのかが…

社内のPC不正利用を即座に検知する操作ログ管理製品
QND ClientLog」

IT資産管理、操作ログ管理、Windws10管理をトータルに支援する製品
QND Advence」

◆◆PCの操作ログの管理製品の評価版申込はこちらです。◆◆

◇◇IT資産管理、操作ログ管理、Windows 10管理に関するご相談お問合せはこちらです。◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

働き方改革

  1. WSUSからパッチ更新していたPCを持ち帰ってテレワークしている場合は要注意

    WSUS(Windows Server Update Services)は、社内…
  2. 感染症対策によるテレワーク 自宅に持ち帰るPCにセキュリティ対策を無償提供

    ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。政府の発表した感染症対策基…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 新型コロナウイルスの影響で対策がささやかれてから一月の間に様々なソフトウェアに脆弱性が見つか…
  2. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  3. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
ページ上部へ戻る