テレワーク中の操作ログを勤怠管理クラウドサービスと突き合せる

テレワーク中の就業を把握する新たな形(勤怠X操作ログ)

長引く感染症対策による7割以上のテレワーク実施要請が続いています。全員がテレワークするような企業もあると聞きます。

テレワーク用PC調達や業務をすすめる環境そしてセキュリティ対策などの導入も進んでいると思います。

【参照】感染症対策で自宅へ持ち帰るPCのテレワークセキュリティチェックポイント

日本で働き方改革が叫ばれていましたが、「会社に出社していない=遊んでいる」という考え方を持つ管理職の方が存在を問われるような状況になっているかもしれません。テレワークにより業務の生産性が向上しているとの結果もあります。

人事的には出退勤や残業時間をしっかり管理する必要ということでリモートでも就業時間を管理するクラウドサービスの利用も進んでいます。このクラウド勤怠管理サービスによって勤務時間と残業時間は管理できるようになりましたが、その残業が日中の就業時間で終わらないような仕事なのか。また残業時間に本当に残業しているのか。など見えないことによる不安の声があるのも事実です。

本来就業時間よりもその働きによる成果を評価すべきですが、まだまだ就業時間による管理が大勢です。あなたの会社ではどのようなやり方で管理をされていますか。

PCを利用することで業務がすすめられる場合においてはPC操作ログを利用して就労状況を把握することが可能です。

PCのログオンやログオフ時間、業務用アプリケーションの起動時間。業務時間中に操作したファイル履歴などで業務を把握することが可能と言えます。また業務に関係ないWEBページの閲覧や私用のSNSやチャットツールの利用も操作ログで把握できてしまいます。

クオリティソフトでは、導入が進む勤怠管理クラウドサービスのとクラウドtoクラウドによるデータ連携を行い、操作ログ管理コンソールで勤怠情報をグラフなどによる可視化を可能にしました。労働時間や残業時間をランキング順にグラフ化して表示します。このランキングで気になるユーザのPCログを同じ管理コンソールから確認できるようにしました。

◆[LogAnalytics]  coming soon.

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  2. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  3. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…

働き方改革

  1. VPN経由の被害が目立っているサイバー攻撃は、なぜ起きるのか

    警察庁が9月9日に発表した「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によ…
  2. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    緊急事態宣言の延長されましたが、陽性者数は減少しない状況です。ワクチン接種が進ま…

構成管理/サポート

  1. 緊急事態宣言の延長、地域が拡大しました。自治体は出社抑制強化を要請。 テレワーク時のトラブルを…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 独立したITセキュリティ研究所であるAV-TESTや、ウイルス対策ソフトなどがその役割を果たして…
  2. 東京都に緊急事態宣言が出された状態で東京2020オリンピックが開催されました。 過去にもオリン…
  3. IPA 独立行政法人情報処理推進機構が中間報告として公開した「ニューノーマルにおけるテレワー…
ページ上部へ戻る