テレワーク中のPCも操作ログを活用して就労状況を把握する

自宅によるテレワーク中の就業を把握することは大きな課題

テレワークに対する準備を進めていた企業でも全員がテレワークするようなことは想定外だったと思います。

また、いままでにテレワークなど関係なかった企業においても今回の事態で実施を迫られてた企業もあると思います。テレワーク用PCは需要拡大により調達が難しいと言われています。このような状況では社内で利用しているPCをそのまま持ち帰るようなこともあると思います。また自宅にある私物PCを利用してテレワークすることも一つの選択肢になります。
どのケースにおいてもテレワーク時のセキュリティ対策は十分気をつける必要があります。

【参照】感染症対策で自宅へ持ち帰るPCのテレワークセキュリティチェックポイント

日本で働き方改革におけるテレワーク利用企業が少ない理由の大きな要素とされてきたことがあります。それは「会社に出社していない=遊んでいる」という考え方です。逆に言うと会社に来てさえいればよいのかということです。管理職の方が部下を管理するときに利用しているのが就業時間です。本来就業時間よりもその働きによる成果を評価すべきですが、まだまだ就業時間による管理が大勢です。今回、感染症対策としてテレワークを導入した企業でも就業時間の把握がメインになっていませんか。

PCを利用することで業務がすすめられる場合においてはPC操作ログを利用して就労状況を把握することが可能です。

PCのログオンやログオフ時間、業務用アプリケーションの起動時間。業務時間中に操作したファイル履歴などで業務を把握することが可能と言えます。また業務に関係ないWEBページの閲覧や私用のSNSやチャットツールの利用も操作ログで把握できてしまいます。

クラウド環境から自宅のPCの操作ログを取得するニーズが急速に高まっています。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  2. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…
  3. QND Premium は、 いかなるロケーションで仕事を行う場合においても均一なデバイス管理…

働き方改革

  1. 感染症対策ガイドラインとテレワークセキュリティガイドライン

    国内および東京都のPCR検査陽性者数は一時期よりも減少し、GoToなどの経済活性…
  2. コロナ禍のテレワーク実施は、社内規定が十分ではなかった

    今回のコロナ禍におけるテレワーク状況を調査したPCNWのアンケートによると、 緊急事態宣言…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. リアルな生活では新しい日常により新型コロナウイルスの感染症対策して経済活動を行うようになりました…
  2. マルウェア「Emotet(エモテット)」の被害があったことを日本医師会が発表するなど、メール…
  3. お盆休みの間にも様々なソフトウェアに脆弱性が見つかっています。それぞれ脆弱性を修正した更新プログ…
ページ上部へ戻る