Windows 10 May 2020 Update 機能更新プログラムについて

Windows 10 May 2020 Update

機能更新プログラムについて

 

▶個人のWindows 10 May 2020 Updateの入手と適用方法

Windows 10 May 2020更新をインストールする場合は、スタートメニューから[設定]を選択、 [ 更新とセキュリティ] のアイコンをクリックし、左側のメニューにある [ Windows Update]を選択してください。開いた画面の上部に表示された[ 更新プログラムのチェック]をクリックします。
アップデートが表示されたら、[ ダウンロードしてインストール]を選択することでダウンロード可能です。ただしダウンロードとインストールが表示されない場合があります。数週間にわたり提供の開始をコントロールしている場合があります。また、PCに互換性問題の可能性がある場合も表示されません。
ダウンロードが完了すると、任意なタイミングでインストールが可能です。またデバイスを再起動するようにメッセージがでます。この新しいダウンロードとインストールは、Windows 10、バージョン1903またはバージョン1909を実行しているPCで利用できます。

▶法人のWindows 10 May 2020 Update展開について

2020年5月27日に公開したWindows 10バージョン2004(機能更新プログラム)は、18か月のサービスサポートライフサイクルの始まりとなります。管​​理者の皆さまは、組織で使用されているPCや業務システムアプリ、ネットワークインフラが問題なく機能することを確認することをお勧めします。Windows 10バージョン2004は、Windows Server Update Services(WSUS)、Windows Update for Business、またはISM CloudOneのWindows10アップデート支援機能を利用して段階的に展開を計画し、実行することをお勧めします。

▶テレワークPCのWindows10 May 2020 Update展開について

VPNを利用してテレワークを実施している場合、社内に設置したWSUSから展開を実施するとVPNに大きな負荷がかかり業務に支障をきたす可能性があります。適用のタイミングとなった時に出社するなどして社内LANへ接続してから行うことが望ましいです。
また、クラウドからPCを管理するISM CloudOneの機能を利用すると、テレワークPCをWSUSの利用設定からWindows Updateによる更新設定へ変更することが可能です。

★注意点として、Windows 10 の高速スタートアップが更新プログラム適用を妨げる場合があります。QNDの更新プログラムの適用をサポートする機能を利用して高速スタートアップを無効にすることをお勧めします。

◇◇Windows 10 コラム◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

Windows Updateのサポート期限を把握してますか?今読むべきWindows Update対策

Windows 10の暗号化機能「BitLocker」とは?BitLockerの使い方、メリット・デメリット

【前編】Windows10の標準セキュリティ機能だけで、会社の安全を守り切れるのか

【後編】Windows10のセキュリティに重要なアップデートが漏れる理由と、現実的な一元管理方法とは?

Windows 10のデフォルト機能で「紛失対策」ができる?!

▶Windows 10 アップデート支援ツールはこちらから

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■関連記事■■

・WSUSのグループ機能利用には、Windows10PCの管理者権限にスイッチが必要です

・Windows 10 の高速スタートアップが更新プログラム適用を妨げる場合があります

 

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  2. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  3. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…

働き方改革

  1. VPN経由の被害が目立っているサイバー攻撃は、なぜ起きるのか

    警察庁が9月9日に発表した「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によ…
  2. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    緊急事態宣言の延長されましたが、陽性者数は減少しない状況です。ワクチン接種が進ま…

構成管理/サポート

  1. 緊急事態宣言の延長、地域が拡大しました。自治体は出社抑制強化を要請。 テレワーク時のトラブルを…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 独立したITセキュリティ研究所であるAV-TESTや、ウイルス対策ソフトなどがその役割を果たして…
  2. 東京都に緊急事態宣言が出された状態で東京2020オリンピックが開催されました。 過去にもオリン…
  3. IPA 独立行政法人情報処理推進機構が中間報告として公開した「ニューノーマルにおけるテレワー…
ページ上部へ戻る