WSUSのグループ機能利用には、Windows10PCの管理者権限にスイッチが必要です “…

 

通常、更新プログラムをPC適用させるには、インターネット上のMicrosoft アップデートサーバーからそれぞれダウンロードして適用をおこないます。WSUS(Windows Server Update Services)を導入すると、Microsoft アップデートサーバーからWSUSサーバーに更新プログラムがダウンロードされ、クライアントPCはWSUSサーバーから更新プログラムのダウンロードにより適用します。

WSUSを利用することで、社内にあるクライアントPC一台一台がMicrosoft Updateサーバーから更新プログラムをダウンロードすることがなくなります。

つまりネットワーク帯域を圧迫するリスクを下げることが可能になるわけです。WSUSサーバーはPCに配布する更新プログラムを指定することが可能です。

企業内では業務ごとに違うソフトウェアを利用していると思います。このように業務が違う組織をそれぞれグループ化することにより検証が終わったソフトウェアを使っているグループから更新プログラムを適用することで効率よい管理ができます。
WSUSはこのようなグループを設定して適用する更新プログラムを指定できます。

WSUSのグループ機能を利用するには、ADのグループポリシーが使えない、もしくはWindows 10 HomeEditionなどは、クライアント側の管理者権限が必要となります。

つまりPC一台一台に設定を行う必要があります。これをQND Advance/Standardの管理者権限への切替機能と一括配信機能により、管理者の手間を抑えWSUSのグループ運用を実現する事が出来ます。

下記動画で設定方法をご覧いただけます。↓

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. ISM CloudOne無償提供の登録はこちら。 緊急事態宣言が発表 新たな職種でもテレワー…

働き方改革

  1. WSUSからパッチ更新していたPCを持ち帰ってテレワークしている場合は要注意

    WSUS(Windows Server Update Services)は、社内に置…
  2. 感染症対策によるテレワーク 自宅に持ち帰るPCにセキュリティ対策を無償提供

    ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。政府の発表した感染症対策基…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 新型コロナウイルスの影響で対策がささやかれてから一月の間に様々なソフトウェアに脆弱性が見つか…
  2. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  3. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
ページ上部へ戻る