テレワークに欠かせないVPNについて

VPNとは

社外のPCと社内LANとの間をインターネット回線の中をトンネルのようにして他から見られないようにして安全を保つ仕組みがVPNと言われるものです。
モバイルで仕事をする営業職などが社外から会社のネットワークに安全に接続するために使われています。またVPNの中には通信内容を暗号したカプセルで送る仕組みで安全を保つものもあります。

安価で使いやすいとされているVPNが、インターネットVPNです。

公衆のインターネット回線上に仮想のプライベートネットワークを構築して利用するものですが、速度については利用しているインターネット回線の混雑状況に影響されてしまいます。

一方で、コストはかかりますがより安心して利用できるVPNが、IP-VPNです。

通信事業者の閉域網を使用して仮想のネットワークを構築します。特殊な転送技術を使い専用線に近い安全な状態で利用できます。しかし、通信業者との契約によっては接続可能数に制限を設けられる場合もあるため、全社員がテレワークで利用するような場合には注意が必要です。

通信のすべてを自動で暗号化するIP Secを使った方式は、社内にあるサーバの業務システムなどにVPNを経由して利用することが可能になります。テレワークで利用するPCには専用のソフトをインストールする必要があります。

リモートアクセスで多く利用されるVPNがSSL-VPNです。テレワークで利用するPCと企業のVPN装置の間でSSL暗号通信を構築します。リモートコントロールソフトやWebブラウザ、グループウェアのSSL機能利用して通信することができます。

VPNを利用したテレワークは、安全に業務を行うためには有効な手段です。
しかし、VPNを利用せずにインターネットにだけ接続する場合のテレワークPCは、無防備であることを忘れずに対策してください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  2. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…
  3. QND Premium は、 いかなるロケーションで仕事を行う場合においても均一なデバイス管理…

働き方改革

  1. 感染症対策ガイドラインとテレワークセキュリティガイドライン

    国内および東京都のPCR検査陽性者数は一時期よりも減少し、GoToなどの経済活性…
  2. コロナ禍のテレワーク実施は、社内規定が十分ではなかった

    今回のコロナ禍におけるテレワーク状況を調査したPCNWのアンケートによると、 緊急事態宣言…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. リアルな生活では新しい日常により新型コロナウイルスの感染症対策して経済活動を行うようになりました…
  2. マルウェア「Emotet(エモテット)」の被害があったことを日本医師会が発表するなど、メール…
  3. お盆休みの間にも様々なソフトウェアに脆弱性が見つかっています。それぞれ脆弱性を修正した更新プログ…
ページ上部へ戻る