テレワークPCのBitlocker設定状況の確認と暗号化の実行を遠隔から実施するには

BitLockerとは、

Windows 10 で利用することができるディスクの暗号化機能です。BitLocker を利用するとドライブごとの暗号化の実行/解除や、自動ロック解除の設定ができます。

モバイルワークなどで社外へ持ち出すPCは、情報漏洩防止からハードディスクを暗号化をして利用されていたと思います。また、今回の感染症対策によるテレワークPCについては、Windows10 のBitLocker機能でハードディスクの暗号設定をされた企業は多いと思います。一段落しているこの期間を利用して暗号化の設定状態が継続しているか確認されることをお勧めします。

BitLockerによるPCのディスク暗号化状態は、最新のインベントリ情報を収集することでBitLockerの設定有無を確認できます。このBitLockerの設定状況確認については、QND Premium / Standardの機能で確認できます。

また、ISM CloudOneを利用すると現在自宅でテレワーク中のPCにおいてもクラウドからVPNを利用しない状態でも確認が行なえます。

ISM CloudOneでは、インベントリの収集結果よりBitLockerの設定が外されているドライブの暗号化を遠隔で指示することができます。また、暗号化設定していないPCを一括して選択し暗号化の指示を実行することも可能です。

PCを起動するたびに暗号化ドライブの解除を行うのは面倒なため、認証によって「自動ロック解除」機能を利用できます。ISM CloudOneを利用して自動ロック解除を遠隔から有効にすることが可能です。これによりパスワードの入力をせずに、自動でロックを解除してドライブにアクセスできPCを利用できます。もしPCに何らかのインシデントがあった場合には、そのPCに対して自動ロック解除を遠隔から行うことが可能です。

また、もし回復パスワードや外部キーなどの情報が漏えいした場合には、ISM CloudOneを利用して回復パスワードを消去することも可能です。

ISM CloudOneを有効活用してテレワークPCをBitLockerで安全に保つことが可能になります。

◇◇セキュリティコラム◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

5つの事例から学ぶ、テレワークの情報漏えい対策

テレワークに潜む2種類のリスク。その特徴や回避策とは?

テレワークのセキュリティ対策を強化するための3ステップ

多拠点のセキュリティを統一!社内に繋がっていなくても一括管理

BYODガイドラインとセキュリティ、テレワーク時代の私的端末利用とは

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  2. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…
  3. QND Premium は、 いかなるロケーションで仕事を行う場合においても均一なデバイス管理…

働き方改革

  1. 再びの緊急事態宣言 テレワーク PCのセキュリティ確保できていますか

    ★ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。 ★テレワーク中のPC…
  2. 感染症対策ガイドラインとテレワークセキュリティガイドライン

    国内および東京都のPCR検査陽性者数は一時期よりも減少し、GoToなどの経済活性…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. IPA 独立行政法人情報処理推進機構が中間報告として公開した「ニューノーマルにおけるテレワー…
  2. 報道によりますと、暗号化されているSSL通信などによる脅威が2019年に比べて2.5倍以上に…
  3. 大手のゲーム会社や電気メーカなどでサイバー攻撃による情報漏洩が立て続けに報道されています。 …
ページ上部へ戻る