WSUS と連携したWindows10 の更新管理

WSUS とは、

Windows 10管理を進めていく上での情報システムとしての課題を整理します。

Windows 10の機能更新プログラムでは様々な機能の追加や変更も行われています。そのためPCや利用しているソフトウェアとの互換性の検証をしっかり行い完了するまでは更新しないように制御を行う必要があります。この適用をしっかり制御することがPCを利用した業務の安定にとって必要不可欠です。
WSUSは、Windows 10の機能更新プログラムの適用延期や利用しているソフトウェアとの互換性がない場合などの時に自動更新させない設定などが可能です。つまり自動的にOSの機能がアップデートされてしまわないようにすることができるのです。

企業にあるWindows 10のPCが何台で、どの部署の誰が使っていて、どのようなスペックのPCかどのようなソフトウェアを利用しているか、さらに現状適用されている更新プログラムは何かまでを把握しておくことも重要なポイントです。WSUSだけではこの現状把握ができません。これはインベントリ収集により現状把握を行うことが望ましいです。

機能更新プログラムの展開は、業務に支障がでないようにネットワーク負荷が高くならない展開が必要になります。WSUSでは更新許可をしたPCに対してマルチキャストにより配信を行うこととなり大容量の更新プログラムを一斉に配信することでネットワーク負荷が心配になります。更新プログラムの配信はネットワーク負荷をかけずに適用対象PCへ配信することが望ましいと言えます。さらに実行のタイミングをコントロールしてPCへの適用を完了させることが必要になります。機能更新プログラムの適用が正常に終了した確認はインベントリ収集により把握していくことで実現できます。

このようにWSUSとインベントリ収集を有効活用したWindows 10の更新管理をすることで安心安全な環境を維持できていきます。

 

◆◆Windows 10更新プログラム管理製品のQND Ver.11i評価版申込◆◆

◇◇IT資産管理、操作ログ管理、Windows 10管理に関するお問合せはこちらです。◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  2. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…
  3. QND Premium は、 いかなるロケーションで仕事を行う場合においても均一なデバイス管理…

働き方改革

  1. 感染症対策ガイドラインとテレワークセキュリティガイドライン

    国内および東京都のPCR検査陽性者数は一時期よりも減少し、GoToなどの経済活性…
  2. コロナ禍のテレワーク実施は、社内規定が十分ではなかった

    今回のコロナ禍におけるテレワーク状況を調査したPCNWのアンケートによると、 緊急事態宣言…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. リアルな生活では新しい日常により新型コロナウイルスの感染症対策して経済活動を行うようになりました…
  2. マルウェア「Emotet(エモテット)」の被害があったことを日本医師会が発表するなど、メール…
  3. お盆休みの間にも様々なソフトウェアに脆弱性が見つかっています。それぞれ脆弱性を修正した更新プログ…
ページ上部へ戻る