脆弱性とはなにか? 不正アクセス、ウイルス等の攻撃にで機能や性能を著しく低下させ…


世間を騒がせているインターネットを利用した攻撃は、システムの「弱点」見つけてそのシステム に侵入したり、ウイルスを感染させます。このような システムの弱点を脆弱性と言います。

脆弱性は、不正アクセス、ウイルス等の攻撃にで機能や性能を著しく低下させるなどの安全上問題となる箇所になります。
脆弱性は早期に見つけて抜け穴を塞がない侵入や攻撃を受けてしまいます。またメールに添付されてくるファイルなどを不注意で開いてしまった時などには、内部から脆弱性を狙って抜け穴を作り侵入者を招き入れるような起きています。

ソフトウエア製品の脆弱性は日々発見されていて、そしてすぐにその脆弱 性が公表されます 。
しかしこれらの脆弱性はウイルス対策ソフトでは安全な状態にできません。ウイルス対策ソフトはこの脆弱性を狙ったウイルスを駆除するものです。脆弱性対策は別途行わないかぎり新たなウイルスにより狙われる可能性が残ります。
OSやソフトウエアの脆弱性の場合、ソフトウェアメーカーが提供する更新プログラム(修正パ ッチ)を適用することでその脆弱性を改善します。

脆弱性対策は情報セキュリティを確保していくためには重要な対策の一つです。情報システムのセキュリティ担当は、セキュリ ティ対策の一環として利用しているOSやソフトウェアの脆弱性情報を常に把握して、最新の更新プログラムの適用を進めなければならないのです。昨今インターネットアクセス以外からも外部メディア接続やスマートフォンとのブルートゥースによる接続など様々な手段による接続から脅威につながることがあります。このような状況下でクライアント PC のセキュリティ確保のためには、脆弱性の修正がさらに重要なポイントです。

OSやソフトウエアにおいてサポートの期限が切れた場合に、脆弱性が発見されても更新プログラム が提供されないこともあります。利用しているOSやソフトウェアのサポート期限の把握も重要です。そしてサポート期限が切れる前に新たなOSやソフトウエアに移行す ることも脆弱性対策の重要なポイントです。

◆◆脆弱性管理製品の評価版申込はこちらです。◆◆

◇◇IT資産管理、操作ログ管理、Windows 10管理に関するご相談お問合せはこちらです。◇◇

 

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

働き方改革

  1. WSUSからパッチ更新していたPCを持ち帰ってテレワークしている場合は要注意

    WSUS(Windows Server Update Services)は、社内…
  2. 感染症対策によるテレワーク 自宅に持ち帰るPCにセキュリティ対策を無償提供

    ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。政府の発表した感染症対策基…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 新型コロナウイルスの影響で対策がささやかれてから一月の間に様々なソフトウェアに脆弱性が見つか…
  2. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  3. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
ページ上部へ戻る