ウイルス対策ソフトを見直す動きについて

今回のウクライナ醸成を受けて、米政府がロシアのウイルス対策ソフトを「国家安全保障上の脅威」と認定されたり、NTTグループが使用中止の検討に入ったなどの報道がありました。少し前には、セキュリティ事業の大規模買収によってアンチウイルスソフトの名称変更が行われたプロダクトもありました。さらにアンチウイルスソフトの脆弱性に対する悪用の報告なども報道されています。

 

すでにアンチウイルスだけに頼っていてはセキュリティを維持できないとして、OSへの動作をプロテクトしたり、プログラムの動作を検知してマルウエア認定して隔離するなどの多重防御によるセキュリティを行うケースも増えています。

 

サイバーセキュリティ対策としてのエンドポイントをウイルスやマルウエアから守るためには、従来の「パターンマッチング」による対策と「ふるまい検知」による対策を組み合わせることでより安全な対策になることは言うまでもありません。

 

しかし、エンドポイントのウイルス・マルウエア対策としては多重投資となってしまいます。

 

Windows 10 11などのOSを提供するMicrosoft社が、MicrosoftDefenderというアンチウイルスをOS利用PCは無償で利用できる対策として提供しています。性能比較では他のアンチウイルス製品と引けを取らない効果を示しています。

 

アンチウイルスをMicrosoftDefenderを無償で利用して、「ふるまい検知」の対策を導入すると投資を抑えることも可能になります。ただしMicrosoftDefenderを利用する上で注意しなければならないことがあります。

あくまで1台のPCを保護するためのものであり、企業が利用するPCすべてにおいて、常にパターンファイルがアップデートされていることや、ウイルスの侵入の検知するには全体の管理が必要になります。

 

MicrosoftDefenderにはその全体管理機能がありません。当社ではその全体管理を行う「DefenderControl」というサービスをクラウドから提供しています。設定情報やウイルスの侵入検知についてすべてのPCから情報を収集して管理運用をサポートします。

 

日々サイバー攻撃が巧みになる世の中です。対策の手を緩めずに管理を続けることが求められています。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. インターネットを利用する上ではフィッシング被害の増加やマルウエア感染からランサムウエアによる被害…
  2. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  3. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…

働き方改革

  1. VPN経由の被害が目立っているサイバー攻撃は、なぜ起きるのか

    警察庁が9月9日に発表した「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によ…
  2. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    緊急事態宣言の延長されましたが、陽性者数は減少しない状況です。ワクチン接種が進ま…

構成管理/サポート

  1. コロナで加速した働き方の多様化によりオフィス以外で仕事をする従業員が増えています。業務に使わ…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. みなさんがご存知の企業からサイバー攻撃の報告を行う発表が続いています。またEmotetによる被害…
  2. サイバー攻撃による被害報告は、なかなか後を絶ちません。 GW前にも、大手電機メーカーの海外子会…
  3. ゴールデンウィークが迫ってきましたが、テレワークが定常化している従業員にとっては日ごろと同様なセ…
ページ上部へ戻る