従来、システム管理部門のマンパワーに頼り勝ちだったセキュリティポリシ管理。膨大なクライアント数で構成される大規模なシステムであれば、その作業は膨大なものとなり、結果的に高額な人件費につながり、慢性的にシステム管理コストの高額化をもたらしていました。しかし、内部統制監査コスト削減の観点からは、様々なシステム管理業務の中でも、特にセキュリティポリシに関する厳格な管理がますます重要になります。セキュリティポリシ管理を抜きに、情報の信頼性は確保できません。マンパワーに依存しない手法が、セキュリティポリシ管理の「自動化」です。

セキュリティポリシ管理の自動化によって、例外なく社内ネットワークへの接続自体を拒否。私物PCなどを起因とした不正行為が発生する可能性を、最小化できます。
動化によって、マンパワー頼りの旧来型システム管理業務から脱却。最小のスタッフで、大規模のクライアントPCのセキュリティポリシ管理が可能となります。システム管理部門が果たすべき業務品質は高次元で維持しつつ、部門自体を確実にスリム化できます。
システム管理業務をアウトソーシングしている場合、セキュリティポリシ管理の自動化によってコスト削減効果が即現れます。また、アウトソーシング領域の縮小は、監査法人の監査業務も確実に簡略化し、監査コストの圧縮に直結します。この他、システム管理部門を別会社化、グループ会社化している企業であれば、監査範囲自体を飛躍的に縮小できます。
特に、システム管理部門自体を別会社化、グループ会社化している場合が数多く見受けられる上場企業には、セキュリティポリシ管理の自動化は中長期的な観点から、グループ全体に大きなコスト削減効果をもたらします。グループ内に、システム管理専業会社を保有する必要が無くなります。

◆◆セキュリティポリシ管理製品の評価版申込はこちらです。◆◆

◇◇IT資産管理、操作ログ管理、Windows 10管理に関するご相談お問合せはこちらです。◇◇

 

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. ISM CloudOne無償提供の登録はこちら。 緊急事態宣言が間近に 新たな職種でもテ…

働き方改革

  1. WSUSからパッチ更新していたPCを持ち帰ってテレワークしている場合は要注意

    WSUS(Windows Server Update Services)は、社内に置…
  2. 感染症対策によるテレワーク 自宅に持ち帰るPCにセキュリティ対策を無償提供

    ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。政府の発表した感染症対策基…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 新型コロナウイルスの影響で対策がささやかれてから一月の間に様々なソフトウェアに脆弱性が見つか…
  2. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  3. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
ページ上部へ戻る