大規模イベントや夏の長期休暇中などはサイバーリスクを含む攻撃が増えます。

東京都に緊急事態宣言が出された状態で東京2020オリンピックが開催されました。

過去にもオリンピック開催中とその前後期間にはサイバー攻撃が多く報告されています。

 

今回のオリンピックは新型コロナウイルスの感染拡大中ということもあって世界中からの注目度があがっています。その分サイバー攻撃のリスクが大きくなったのではないでしょうか。 交通混雑を避ける目的も加わり、感染症対策で当たり前になったテレワークのさらなる利用を求められています。すでにテレワーク実施には様々なセキュリティ対策を実施していると思います。しかしマルウエアによる攻撃は様々なソフトウェアの脆弱性を狙ってきます。

 

夏休みだからといってマルウエアの攻撃には休みはありません。利用しているソフトウェアの脆弱性情報には常に気を配って、テレワークPCであっても必要な修正は即時に適用していくことが重要です。

長期の休暇時においては、テレワークPCを起動していない場合もあります。社内のWSASなどを利用した脆弱性診断やアップデートが行われない状態で休み明けを迎えるPCは特に注意してください。頻繁に発生しているマルウエアの感染対策は、毎日の脆弱性診断が効果的です。

さらに休暇明けに会社のネットワークに接続するときは、検疫を行うなど一度PCの健康状態をチェックしてから行うことでリスクの回避が可能となります。

 

ISM CloudOneは、クラウドからどこで利用しているPCでも脆弱性を確認してその対応が可能です。

クラウドを利用したセキュリティ対策が主流になりつつあり、対策の徹底のために相談いただくことが増えております。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. インターネットを利用する上ではフィッシング被害の増加やマルウエア感染からランサムウエアによる被害…
  2. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  3. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…

働き方改革

  1. VPN経由の被害が目立っているサイバー攻撃は、なぜ起きるのか

    警察庁が9月9日に発表した「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によ…
  2. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    緊急事態宣言の延長されましたが、陽性者数は減少しない状況です。ワクチン接種が進ま…

構成管理/サポート

  1. コロナで加速した働き方の多様化によりオフィス以外で仕事をする従業員が増えています。業務に使わ…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 国立大学の職員が利用する私物PCがEmotetに感染したことで、大学のメールサーバーより名称を変…
  2. 新潟県にある県立高校2校でEmotetに感染したということが明らかになりました。 1校は高校野…
  3. 800もの自治体より受託している電子申請のヘルプデスク業務で利用するパソコン1台がマルウェア「E…
ページ上部へ戻る