外部デバイスの情報漏洩とウイルス対策

PCのUSBポートは便利な機能であり様々な機器が接続することができます。それゆえに多くのセキュリティリスクを抱えています。

外部メディアとしてファイルの受け渡しに利用されることが多いUSBメモリは接続するだけで利用できることから一般的には安易に使われています。このUSBメモリについては二つにセキュリティリスクを理解した上で利用方法を定める必要があります。
一つはUSBメモリによる情報の流出です。PCがアクセス可能な情報はファイルとして保存されてしまった後は、USBメモリにコピーされて自由に社外に持ち出すことが可能になります。社内で別のPCで利用するために受け渡す目的で利用したとしても、そのUSBメモリから削除し忘れてしまったままUSBメモリを社外で紛失してしまうと内部に保存された情報も社外に漏れてしまったことになります。USBメモリを利用した情報流出を防ぐ手段としてはUSBメモリへ保存する際に暗号化される仕組みを利用することが有効です。

もう一つのセキュリティリスクは、USBメモリによるウイルス感染です。自宅のPCにウイルス対策ソフトが入っていても定義ファイルなどを更新できていない場合にウイルス感染している可能性があります。そんな自宅PCで作業したファイルをUSBメモリを利用して会社のPCに接続してしまうことでそのウイルスの感染の可能性があります。自宅以外でも社外で不特定多数が利用するようなPCで利用したUSBメモリは同様にウイルス感染の可能性があります。

この二つのリスクに対して有効な対策は完全にUSBメモリを利用できないようにすることが考えられます。QND Advanceの外部デバイス制御機能はUSBメモリを全面的に利用を制限することができます。また設定によっては特定のPC、特定のUSBだけ利用許可することや、申請などにより臨時に利用を許可することが可能です。

外部デバイス制御機能についてはUSBメモリだけでなく、USBを利用したハードディスクや、スマートフォンの記憶メモリも対象として制御が可能になります。

最新スマートフォンや最新のデバイスを企業において導入する場合は、外部デバイス制御機能が最新のデバイスに対応しているかを確認することでより安全な管理が可能になります。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

働き方改革

  1. WSUSからパッチ更新していたPCを持ち帰ってテレワークしている場合は要注意

    WSUS(Windows Server Update Services)は、社内…
  2. 感染症対策によるテレワーク 自宅に持ち帰るPCにセキュリティ対策を無償提供

    ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。政府の発表した感染症対策基…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 新型コロナウイルスの影響で対策がささやかれてから一月の間に様々なソフトウェアに脆弱性が見つか…
  2. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  3. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
ページ上部へ戻る