外部デバイスの情報漏洩とウイルス対策

PCのUSBポートは便利な機能であり様々な機器が接続することができます。それゆえに多くのセキュリティリスクを抱えています。

外部メディアとしてファイルの受け渡しに利用されることが多いUSBメモリは接続するだけで利用できることから一般的には安易に使われています。このUSBメモリについては二つにセキュリティリスクを理解した上で利用方法を定める必要があります。
一つはUSBメモリによる情報の流出です。PCがアクセス可能な情報はファイルとして保存されてしまった後は、USBメモリにコピーされて自由に社外に持ち出すことが可能になります。社内で別のPCで利用するために受け渡す目的で利用したとしても、そのUSBメモリから削除し忘れてしまったままUSBメモリを社外で紛失してしまうと内部に保存された情報も社外に漏れてしまったことになります。USBメモリを利用した情報流出を防ぐ手段としてはUSBメモリへ保存する際に暗号化される仕組みを利用することが有効です。

もう一つのセキュリティリスクは、USBメモリによるウイルス感染です。自宅のPCにウイルス対策ソフトが入っていても定義ファイルなどを更新できていない場合にウイルス感染している可能性があります。そんな自宅PCで作業したファイルをUSBメモリを利用して会社のPCに接続してしまうことでそのウイルスの感染の可能性があります。自宅以外でも社外で不特定多数が利用するようなPCで利用したUSBメモリは同様にウイルス感染の可能性があります。

この二つのリスクに対して有効な対策は完全にUSBメモリを利用できないようにすることが考えられます。QND Advanceの外部デバイス制御機能はUSBメモリを全面的に利用を制限することができます。また設定によっては特定のPC、特定のUSBだけ利用許可することや、申請などにより臨時に利用を許可することが可能です。

外部デバイス制御機能についてはUSBメモリだけでなく、USBを利用したハードディスクや、スマートフォンの記憶メモリも対象として制御が可能になります。

最新スマートフォンや最新のデバイスを企業において導入する場合は、外部デバイス制御機能が最新のデバイスに対応しているかを確認することでより安全な管理が可能になります。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  2. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  3. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…

働き方改革

  1. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    再びの緊急事態宣言の効果がでてきたのか国内および東京都のPCR検査陽性者数は一時…
  2. コロナ禍のテレワーク実施は、社内規定が十分ではなかった

    今回のコロナ禍におけるテレワーク状況を調査したPCNWのアンケートによると、 緊急事態宣言…

構成管理/サポート

  1. 首都圏以外の緊急事態宣言が解除になりました。 政府からは、緊急事態宣言にかかわらず在宅勤務(テ…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. IPA 独立行政法人情報処理推進機構が中間報告として公開した「ニューノーマルにおけるテレワー…
  2. 報道によりますと、暗号化されているSSL通信などによる脅威が2019年に比べて2.5倍以上に…
  3. 大手のゲーム会社や電気メーカなどでサイバー攻撃による情報漏洩が立て続けに報道されています。 …
ページ上部へ戻る