SaaS利用料としてを費用計上できる”ISM CloudOne”は会計処理において利点です

ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサービスは、SaaS、PaaS、IaaSと一般的には3種類に分類されます。ISM CloudOneが提供するクラウドサービスは、クオリティソフトが構築したセキュリティマネージメントサービスを月額で利用する形で皆様に提供させていただいています。これは一般的に言うSaaS(Software as a Service)です。

SaaSを利用する場合、通常はライセンス料を支払います。月額で利用料を支払う場合は月次で費用計上することになります。また年額を一時金として支払う場合はその対象期間を有効期間として費用計上することになります。

オンプレミス型のIT運用管理ソフトウェアを導入する場合は、導入するために購入したサーバーなどのハードウェアを固定資産に計上します。さらに導入したIT運用管理ソフトウェアを無形資産に計上します。そして利用可能期間(原則5年以内)にわたり償却費を計上することになります。
購入したソフトウェアをクラウドに導入して利用するようなケースには以下の点で注意が必要です。自社やグループ企業向けにプライベートクラウドにソフトウェアを導入する場合は、自社利用目的のソフトウェアとして会計処理することになります。つまりオンプレミス型の時と同様に無形資産に計上し、利用可能期間にわたり償却費を計上することになります。

会社の考え方によりますが、会計処理上クラウドサービスのISM CloudOneは資産計上や償却費計上の手間を省くことが可能になります。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  2. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  3. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…

働き方改革

  1. VPN経由の被害が目立っているサイバー攻撃は、なぜ起きるのか

    警察庁が9月9日に発表した「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によ…
  2. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    緊急事態宣言の延長されましたが、陽性者数は減少しない状況です。ワクチン接種が進ま…

構成管理/サポート

  1. 緊急事態宣言の延長、地域が拡大しました。自治体は出社抑制強化を要請。 テレワーク時のトラブルを…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. サイバー攻撃は企業にとって他人事では済まされなくなっているのはご理解されていると思います。 今…
  2. 独立したITセキュリティ研究所であるAV-TESTや、ウイルス対策ソフトなどがその役割を果たして…
  3. 東京都に緊急事態宣言が出された状態で東京2020オリンピックが開催されました。 過去にもオリン…
ページ上部へ戻る