TeamSpirit,勤革時などの勤怠情報をISM LogAnalytics連携することで働き方が見えてき…

新型コロナウイルス感染症が沈静化していますが、今回のことで私たちの働き方が大きくかわりました。時差通勤やテレワークの実施が求められ、ステイホームにより外出もできずに自宅からテレワークをされた方が多かったと思います。
そんな状況下に課題として取り上げられたことは、テレワークによってメンバーの業務が見えないことへの不安の声でした。
セキュリティ対策で社内PCに操作ログ収集ツールを導入されている企業は、操作ログを活用してテレワーク中の業務を把握したいと思われたのではないでしょうか。社内にあるPCを想定して操作ログは収集されているため、テレワーク中のPCから操作ログを収集するためには、VPNで社内に接続していることが条件になります。

クラウドによるPC操作ログ収集とは

社内サーバーではなく、インターネットのクラウドサービスとしてPCの操作ログを収集する仕組みです。自宅で作業するテレワークPCであっても、社内で通常利用しているPCであってもクラウドにあるログ収集サーバーによって集められる仕組みです。
営業職などが、社内PCを持ち出して社外で利用する場合においてもインターネットに接続していれば、ログが収集されます。クラウドにある操作ログ収集サーバーに禁止する操作を設定しておくことで、禁止操作をしたPCに対して警告を表示させることができます。社内の人の目が届かない場所でのPC操作においては、リスクを最小化する手段といえます。

ISM LogAnalyticsでは、TeamSpirit、勤革時(キングオブタイム)などの勤怠管理サービスとの連携機能によりテレワーク中の勤怠状況と操作ログを確認することも可能になります。テレワークによりPC操作がどんな時間でも可能です。超過労働になっていないかなどの調査にも利用可能です。一目で勤務時間外のPC操作を把握できます。

ISM LogAnalyticsによる就業状況の把握はこちら

◇◇セキュリティコラム◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

5つの事例から学ぶ、テレワークの情報漏えい対策

テレワークに潜む2種類のリスク。その特徴や回避策とは?

テレワークのセキュリティ対策を強化するための3ステップ

多拠点のセキュリティを統一!社内に繋がっていなくても一括管理

BYODガイドラインとセキュリティ、テレワーク時代の私的端末利用とは

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. インターネットを利用する上ではフィッシング被害の増加やマルウエア感染からランサムウエアによる被害…
  2. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  3. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…

働き方改革

  1. VPN経由の被害が目立っているサイバー攻撃は、なぜ起きるのか

    警察庁が9月9日に発表した「令和3年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によ…
  2. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    緊急事態宣言の延長されましたが、陽性者数は減少しない状況です。ワクチン接種が進ま…

構成管理/サポート

  1. コロナで加速した働き方の多様化によりオフィス以外で仕事をする従業員が増えています。業務に使わ…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. Microsoft社は、Office文書のマクロに対して「コンテンツの有効化」ボタンを表示せず、…
  2. トレンドマイクロ社から公開された「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」よると、「LODEIN…
  3. JPCERT/CCから5月20日に、Emotetの感染確認するツールEmoCheckバージョン2.3…
ページ上部へ戻る