許可された利用者による個人情報漏洩インシデントから考える防止対策とPC操作ログ

大手教育関連企業の社内にある顧客データベース情報から、データベースアクセスが許可された従業員により個人情報がファイルに書き出され、その後不正な方法で外部に持ち出されたインシデントの場合。

通常個人情報が含まれたデータベースを扱う部署においてはあらゆるフェーズで流出防止策がなされています。物理的には個人情報を扱うオフィスの入退出を生体認証などで管理するケースもあります。またPCにおいてはワイヤーロックにより持ち出すことができない状態にすることもあります。

今回のインシデントにおいても物理的な対策の他、従業員や業務委託先が利用するPCにおいて認証IDが割り振られ、パスワードを定期的に更新する運用を行っていました。そのPCはシステム管理部門の許可なく仕様や設定を変更できないようになっていました。規定により使用状況がわかるよう操作ログが記録されており、不要なソフトのインストールも制限されていました。
また、外部のオンラインストレージやアプリケーションサービスもURLフィルタリングによりブロックするといった対策も行われていました。もちろん外部メディアへの書き出し制御するシステムも採用しており、随時書き出し制御システムもバージョンアップしていました。

ここまでセキュリティ対策を行っていたにも関わらずなぜ個人情報が漏洩したのでしょうか。

持ち出しを行った従業員はデータベースにアクセス可能な権限を持っていました。アクセス可能なPCで正規な手段でデータベースにアクセスして個人情報をそのPCに保存しました。そしてPCにUSBケーブルを接続して自身のスマートフォンに転送して内蔵したメモリに保存したのです。
このようなインシデントが起きてしまった原因は、上記のようなセキュリティ対策が完全ではないことを意味しています。個人情報を含むデーターベースから情報を抜き出してファイルに保存する行為について、日常的な業務の中で行われていたにもかかわらず見過ごしていた。ファイル化されることによるリスクを軽視したと言えます。
もう一つの原因は、日々進化するテクノロジーの中で最新のスマートフォンに採用されているファイル読み取りの仕組みを外部メディアへの書き出しシステムが制御できていなかったことにあります。最新のテクノロジーに対応して制御できる仕組みであっても100%とは言い切れません。
リスクが常に変化するこの状況において、セキュリティを維持する方法も常に変化していかなければならないと言えます。PCの操作ログはすべての操作を記録することでインシデントが起こった時に原因を特定することに有効な手段です。情報漏洩などのリスクが高いPCにおいては、操作ログをもっとリアルタイムに近い形で活用することが必要になってくると考えます。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

働き方改革

  1. 働き方改革を支援するITとは

    「働き方改革」は、働く人々の個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会の実現を目指しています…
  2. 基本を理解してほしい「働き方改革関連法案」

    2019年4月1日から「働き方改革関連法」が施行されたことは…

構成管理/サポート

  1. 働き方改革が始まり企業活動の業務の進め方はどんどん変化しています。社内で仕事…
  2. 利用者が使う各PCではいろいろなソフトウェアを利用していると思います。導入時に必要だったソフ…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  2. Thumbnail
    身代金要求型不正プログラム「ランサムウェア」。 ある日突然大事なファイルが…
  3. Thumbnail
    あなたのPCも既に何者かに侵入されているかも!? なりすましや新たな攻撃への踏み台・・…

セキュリティ対策

  1. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
  2. 会社のPCで業務以外の株取引やアダルト、ゲームなどのWEBサイトを閲覧できなくする目的で利用…
  3. PCのUSBポートは便利な機能であり様々な機器が接続することができます。それゆえに多くのセキュリ…
ページ上部へ戻る