変化する脅威に対応して安心安全を維持していく基本はPCの現状把握

企業活動のほとんどがPCを端末としたネットワークと様々なシステムで業務を進める時代です。企業活動を止めることなく円滑に進めることが情報システムに求められている課題です。IT技術の進歩とともに複雑になるネットワーク。働き方改革などの環境変化から起こる利用形態の複雑化。巧妙化するサイバー攻撃。スマホなどのモバイル端末によるシステム利用。尽きることがない変化にすべて対応して安心安全なIT利用をサポートしていく基本はPCの現状把握です。

PCは導入するときには同一な状態であっても利用者が使い続けることにより状態が変化します。それぞれの利用者ごとに変化が違ってきます。この変化し続けるPCの状態を常に把握し続けることが安定的なIT利用を支えることになります。
新たなシステムを利用する場合にはそのプログラムが正常に稼働する環境であるかを確認する必要があります。セキュリティを維持していくためにはウイルス対策ソフトが常に最新の状態であるか、また脆弱性を対策する更新プログラムが適用されているかを把握し続ける必要があります。他にも様々な要求に対応するためにもまずは現状把握が基本となるのです。

IT資産管理ソフトのインベントリ収集がこの現状把握をサポートします。インベントリ収集を毎日行うことで常に最新の現状を把握できるのです。このインベントリ情報は様々な状況の変化に対応するときに重要な役割を担うのです。企業のグローバル展開により海外に駐在する社員が利用するPCや、働き方改革でテレワークする社員が利用するPCが増えています。このように社外にあるPCにおいても同様なタイミングでインベントリを収集して現状把握を続ける必要があります。

Windows OSがWaaSというサービス化されたことでセキュリティの維持管理が難しくなりました。このWindows 10の更新プログラム管理もISM CloudOneを利用することで効率的に行うことができるのです。

◆◆IT資産管理製品の評価版申込はこちらです。◆◆

◇◇IT資産管理、操作ログ管理、Windows 10管理に関するご相談お問合せはこちらです。◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

クラウドサービス製品

  1. オンプレミスで社内のIT資産管理を行ってきたQNDが、クラウドを使えるようになりました。この新機…
  2. SaaS利用とオンプレミス どっちが得か? ITを利用する業務において昨今ではクラウドからSa…
  3. ITの利用形態がオンプレミス型からクラウドサービス型へと急速な変化が起きています。クラウドサ…

働き方改革

  1. ローテーション勤務を安全に実施する「セキュリティガイドライン」

    再びの緊急事態宣言の効果がでてきたのか国内および東京都のPCR検査陽性者数は一時…
  2. コロナ禍のテレワーク実施は、社内規定が十分ではなかった

    今回のコロナ禍におけるテレワーク状況を調査したPCNWのアンケートによると、 緊急事態宣言…

構成管理/サポート

  1. 首都圏以外の緊急事態宣言が解除になりました。 政府からは、緊急事態宣言にかかわらず在宅勤務(テ…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. Thumbnail
    ウイルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃の手口は巧妙化しています。また、対策ソフトの定義フ…
  2. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. IPA 独立行政法人情報処理推進機構が中間報告として公開した「ニューノーマルにおけるテレワー…
  2. 報道によりますと、暗号化されているSSL通信などによる脅威が2019年に比べて2.5倍以上に…
  3. 大手のゲーム会社や電気メーカなどでサイバー攻撃による情報漏洩が立て続けに報道されています。 …
ページ上部へ戻る