持ち込みPCを勝手にネットワークに接続させない

働き方改革が始まり企業活動の業務の進め方はどんどん変化しています。社内で仕事をするメンバーでも正社員だけでない様々な就業形態の人が存在します。さらに別会社のメンバーが常駐して進めるプロジェクトなども発生していることと思います。
そのようなメンバーが利用するPCは、企業が定めたセキュリティポリシーが異なっていたり、またセキュリティレベルが低い状態のままかもしれません。そんなPCを勝手に社内ネットワークに接続されてしまうと大変危険であることは言うまでもありません。
QND Advance/QND Standard のViper機能は社内ネットワークを常時監視し、ネットワークに接続された端末にQNDのクライアントモジュールがインストールされていない場合、未知の端末と判断し自動的にネットワークから遮断することができます。
これにより対策されていないウイルスやワームの侵入を防ぐとともに、情報漏えいや企業の持つ様々なIT資源の不正利用を防ぐことができます。
もしそのPCの接続を許可する場合はQNDのクライアントモジュールを自動インストールしてQNDの管理下に含めることが可能です。さらに手動により一時的に接続を許可する設定も利用できます。
企業のネットワークが有線LANであっても無線LANであっても同様に勝手な持ち込みPCの接続を制御することが可能になります。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

働き方改革

  1. 突然のリモートワークに対応する仕組み

    国内でもドラッグストアでマスクがなかなか買えない状況になっています。WHO(世界保健機関)に…
  2. 働き方改革でBitlockerで保護したノートPCを社外へ持ち出すことを認める企業が増えて…

    2005年の個人情報保護に関する法律の施行を機に企業の個人情報の取り扱いが注目を集めました。…

構成管理/サポート

  1. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…
  2. 働き方改革が始まり企業活動の業務の進め方はどんどん変化しています。社内で仕事…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  2. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
  3. 会社のPCで業務以外の株取引やアダルト、ゲームなどのWEBサイトを閲覧できなくする目的で利用…
ページ上部へ戻る