Wi-Fiのリスクと安全利用への管理について

企業はオフィスにおいてもWi-Fiの利用が進んできました。
外出時にノートPCを利用する割合も高まったと言えます。都心のカフェではノートPCを開いて仕事している人を以前より多く見かけるようになりました。そんな時、ふと気になるのがネットへの接続方法です。

ほとんどのケースでWi-Fiを使っていると思いますが、何も知らずに利用すると思わぬ事故に遭遇する危険性があります。
Wi-Fiといってもその種別をしっかり認識して利用することが大切です。
家庭で利用する無線LANルーター、個人または会社が契約しモバイルで利用できる無線ルーターこれらは設定さえしっかり行えば危険は少ないと言えます。
街で利用できるWi-Fiには有料と無料の両方が存在します。プロバイダーや通信会社が提供する有料Wi-Fiは暗号化方式を採用して通信も暗号化して行っているケースが多く比較的安心して利用できます。
一方カフェなどが独自で提供している無料Wi-FiサービスはSSIDを指定するだけで接続してしまう簡単なものです。選んだだけで接続してしまうものもあります。特にパスワードを入れずに利用できる無償Wi-Fiに潜んでいるリスクは、データの盗み見や遠隔操作による不正なプログラムを忍び込ませることなどです。

どうしてもフリーWi-Fiを利用しなければならない場合には以下の項目に注意しましょう。
・自動接続機能を使わず手動で接続する
・SSIDと接続を確認して接続する

企業にとってフリーWi-Fiを利用させることは大きなリスクになります。社外への持ち出しを許可するPCに対しては会社で契約したモバイルWi-FiルータやWi-Fiサービス以外へのアクセスを禁止するようなルールも必要になります。
PCの構成を管理する『QND Advance』はこのような利用形態を管理する方法についてもサポートしてまいります。

◆◆Wi-Fi管理製品の評価版申込はこちらです。◆◆

◇◇IT資産管理、操作ログ管理、Windows 10管理に関するご相談お問合せはこちらです。◇◇

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

働き方改革

  1. WSUSからパッチ更新していたPCを持ち帰ってテレワークしている場合は要注意

    WSUS(Windows Server Update Services)は、社内…
  2. 感染症対策によるテレワーク 自宅に持ち帰るPCにセキュリティ対策を無償提供

    ファイヤーウォール内で守られていたPCは、社外利用時は無防備です。政府の発表した感染症対策基…

構成管理/サポート

  1. 感染症対策によるテレワークが想定以上に長引いていると思います。社内にいて業務をPCで行っている時…
  2. PCにインストールしたソフトウェアが購入したライセンス数より多くないか。企業が一人一台のPC…

このサイトをシェア

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedIn

管理ノウハウ

  1. 多様なニーズがある大企業や大型企業グループが採用するIT資産管理「QND」の最新バージョ…
  2. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…
  3. Thumbnail
    大企業や企業グループの情報システム部門は、組織ごとに仕様が違うPC管理に最適なツールとしてQNDを選…

セキュリティ対策

  1. 新型コロナウイルスの影響で対策がささやかれてから一月の間に様々なソフトウェアに脆弱性が見つか…
  2. 大手企業が狙われ、サイバー攻撃から情報漏洩の可能性があるという報道がありました。 報道によると…
  3. 個人情報の漏洩リスクは常にすぐ近くにあると言ってもおかしくありません。 例えばセミナーを開…
ページ上部へ戻る