情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士とは

サイバー攻撃の急激な増加により、企業などにおけるサイバーセキュリティ対策の重要性が高まる一方、サイバーセキュリティ対策を担う実践的な能力を有する人材は不足しています。そこで、サイバーセキュリティに関する実践的な知識・技能を有する専門人材の育成と確保を目指して、国家資格「情報処理安全確保支援士」制度が創設されました。
「情報処理安全確保支援士(以下、登録セキスペ)」はサイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を活用して企業や組織における安全な情報システムの企画・設計・開発・運用を支援し、サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価やその結果に基づく指導・助言を行います。
(出展:情報処理推進機構)

情報処理安全確保支援士ロゴ

より高いレベルのセキュリティ製品の開発・ご提供をするために

クオリティソフトでは、以前から「情報処理安全確保支援士」と、これの前身である「情報セキュリティスペシャリスト」の資格取得を社を挙げて推進しています。
この成果もあり、開発部門、営業部門、情報システム部門などの各部門と、和歌山、東京、松本の各拠点に「情報処理安全確保支援士」資格保有者が在籍しています。
お客様により安心できるセキュリティ製品を提供するために、確かなセキュリティ知識を持つ社員が、製品を開発し提案させていただいきたいと考えています。
クオリティソフトは今後もセキュリティ人材を育成するための活動を行って参ります。

ページの先頭へ