個人情報、機密情報を自動的に検出
安全なファイルサーバーで一括管理して情報漏えいリスクを低減!

QGG

管理者が抱える主な課題

  • 個人情報・機密情報を社員の自主管理に任せるのは不安
  • 社員PCのローカル上に保存されている個人情報まで管理できない

管理者の課題を解決するQGG

QGGは、クライアントPC内の個人情報・機密情報データを自動的に検出。
暗号化したデータを安全なファイルサーバーに移行して厳重管理できます。
個人情報・機密情報の管理を各担当者に任せることによる、意図しない情報漏えいを未然に防ぎます。

  • クライアントPC内の個人情報・機密情報を自動で探査・移動

    事前に管理者が設定したキーワードを含む個人情報・機密情報ファイルを見つけ出します。
    個人情報に関しては、ファイルに含まれる氏名・住所・電話番号・メールアドレス数にしきい値を、機密情報に関しては任意のキーワードを設定することで、重要と思われるファイルなどを発見することができます。また、発見した個人情報・機密情報は、暗号化した上でファイルサーバーに移動。クライアントPCには移動したデータの代わりに、ショートカットを配置。このショートカットからアクセスすることで、ユーザーの利便性を損なわずにセキュアなファイル利用を実現します。

    eX WP図
  • リンクフォルダー機能

    マイナンバーのような重要データを特定の担当者間で共有したり、利用制限をかけるなど、セキュアな運用を可能にします。
    担当者PC内における重要データ有無の探査も可能なため、マイナンバーのような重要データを抜け漏れなく管理することが可能となります。

  • 不正利用・情報漏えいを未然に防止

    作成されたショートカットから、サーバーに集約された個人情報・機密情報ファイルの閲覧と編集ができます。また登録済みUSBメモリのみデータの書き出しを許可したり、サーバーに保管されたファイルの操作ログなども収集することができます。

ページの先頭へ